老け顔は治す方法があった!若い人ならまだまだ間に合います!

毎日続けて老け顔を効果的に治す~肌の健康を考えて~

スキンケアで老け顔を治す~正しい方法を学ぶ~

若い人の場合、スキンケアの必要性をあまり感じていないという理由や慣れていないという理由で間違ったスキンケアをしていることがあります。間違ったスキンケアでは老け顔が酷くなってしまうのでしっかりと正しいスキンケアの方法を覚えましょう。

20代が犯しがちなミス!間違ったスキンケア

洗顔

洗顔や化粧水を使うときに肌を擦ると、角質が傷つき肌が乾燥してしまいます。摩擦しないよう意識している場合でも、洗顔の回数が多いと肌へ悪影響です。洗いすぎると肌に必要な水分や皮脂まで落としてしまうからです。洗顔力の強いクレンジング剤や洗顔料を使う場合も同様のことが起こります。乾燥は顔の老化を進めるので注意しましょう。

効果的なスキンケアの方法

正しいスキンケアの方法を身につけて老け顔を改善しましょう。ここではクレンジングから保湿まで具体的な方法を見ていきます。

クレンジング

まずは手についた雑菌を洗い流しましょう。次に、ポイントメイクなど濃い部分をリムーバーで落とします。落ちにくい部分は擦らず丁寧に落としてください。その後、クレンジング剤を手のひらで温め、顔全体に馴染ませていきます。鼻や目、口元は指の腹を使って汚れが残らないよう丁寧に洗いましょう。十分に汚れを浮かせた後はぬるま湯を使ってしっかりすすぎます。

洗顔

摩擦を軽減するため手のひらで洗顔料をしっかり泡立てます。その後、肌を指で擦らないよう泡を使って優しく顔を洗います。目元や口元は特に肌が乾燥しやすい部分なので泡を置くだけにしてください。全体を洗い終えたら洗顔料が残らないようぬるま湯で十分にすすぎます。すすいだ後はタオルで拭き取りますが、このときも擦らないよう注意が必要です。

化粧水

洗顔後は乾燥を防ぐため、なるべく時間をあけずに化粧水をつけましょう。使う量は自分の顔に合わせて調整してください。多すぎても少なすぎても良くありません。適量を手のひらに出した後は、顔全体に擦らず優しく馴染ませていきます。化粧水をつけることで肌に潤いを与え、乳液などが馴染みやすくなります。

乳液

化粧水で肌を潤わせた後は、乳液やクリームを使って水分を閉じ込めます。適量を手のひらに出し、目元やほほを中心に優しく馴染ませましょう。量が多いとその分潤いそうなイメージがあるかもしれませんが、つけすぎも肌への負担になるため気をつけてください。量は季節や乾燥度合いで調節するとより効果的です。

オールインワンゲルなら手軽に続けられる

正しいスキンケアを行なうには多くの工程があるため、若い人など慣れていない場合は面倒に思うかもしれません。そういった人はオールインワンゲルを使用しましょう。1つで何役もこなしてくれるので便利ですよ。例えば、肌ナチュールのオールインワンゲルなら導入化粧水や化粧水、乳液、美容液、クリームに化粧下地、パックという7つの役割を果たします。

どんな成分のものが老け顔に効く?

老け顔を改善したいなら、肌の老化に効果的な成分が入ったスキンケア用品を選びましょう。その成分の一例は、肌にハリを与えるコラーゲンやヒアルロン酸にレチノール、老化を防止するアスタキサンチンやポリフェノールなどです。肌ナチュールのオールインワンゲルにも多くの美容成分が含まれているので効果的です。

老け顔を治すには筋肉を鍛える!~眼筋や表情筋の鍛え方~

シミやシワなどの老化はスキンケアで治すことができますが、たるみを効果的に治したいなら顔の筋肉を鍛えましょう。顔の筋肉を鍛えるには様々な方法がありますが、ここではその一例を具体的に紹介します。

眼筋に効果的な方法

スマホの使いすぎで衰えがちな眼筋。疲れを取ってしっかり鍛えることで老け顔を改善しましょう。

コリをほぐす
強くまぶたを閉じると眼筋が刺激されて指圧のような効果を得ることができます。まぶたを強く閉じた後はパッと開いて筋肉をゆるめるという動きを繰り返し、眼筋のコリをほぐしましょう。目を開いたときには、上下左右と斜めの8方向を1回につき1方向ずつ見るとより効果的です。
トレーニング
眼球のトレーニングをすることで眼筋を鍛えることが可能です。人差し指を立てて様々な方向に動かし、目で追うようにしましょう。このとき、平面的な動きだけではなく前後の方向へ動かすことでピント調節のトレーニングにもなります。慣れてきた場合には指を2本使って左右それぞれの手で違う方向に動かし、交互に見る応用トレーニングを行ないましょう。
血行を良くして疲れを取る
眼筋体操の他にも、血行を良くすることで眼筋の疲れを取ることができます。目の周りを温めて血行を良くしましょう。例えば、蒸しタオルを使って温める方法があります。濡らしたタオルを軽く絞ってレンジで1分加熱したものをまぶたに5分ほど乗せます。熱すぎる危ないので、気持ち良いくらいの温度に調節しましょう。

口元のエクササイズで老け顔を治す

顔の筋肉を鍛える方法の1つに、口で「あいうえお」の形を取るというものがあります。「あいうえお」それぞれの口の形を一呼吸ずつゆっくりと行ないます。口を大きく開いたりすぼめたりと顔の筋肉が大きく動くよう意識してください。この運動は口元のみでできて声を出す必要もないため、移動中にもマスクの下で行なえますよ。

TOPボタン